DHAサプリメントの効果と選び方

DHAサプリメント
DHAと魚が関係あるのは、ほとんどの人は知っていると思いますが、DHAが体のどこに良いかと言うと、血液をサラサラにして脳の老化を防いでくれます。

人間の脳は50%以上脂質でできていて、その中の5%はDHAになります。脳の中でも記憶などに重要な海馬は、他の部分よりも2倍もDHAが必要となります。

DHAとは必須アミノ酸で、必須アミノ酸とは体の中ではほとんど作ることができません。そのため食事でDHAを含んでいる食品を摂取していく必要があります。

DHAを多く含んでいる食べ物は、豆類や野菜、それ以上に豊富にDHAが含まれているのは、イワシやサバなどの青魚になります。

一日に、青魚を1~1、5gを摂取するのが理想的ですが、毎日青魚を摂ることは難しくなります。そこで、DHAが脳や健康に良いと研究で発表されてから、DHAの健康食品のサプリメントが注目されるようになりました。

DHAが体内に不足するとアルツハイマーやうつ病を発症するリスクが高くなると言われています。

DHAサプリメントの効果は、中性脂肪、コレステロールの低下、動脈硬化の予防、血液サラサラ効果、高血圧予防、学習能力の向上、抗アレルギー作用、運動能力の向上などがあります。

コレステロールや中性脂肪は過剰に体の中にたまりすぎると、動脈硬化の原因になります。DHAを摂ると、肝臓の中での中性脂肪が抑えられ、体内の循環機能がよくなり、中性脂肪、コレステロールを下げる効果があります。

DHAには余分な中性脂肪を取り除いてくれるので、善玉コレステロールが増え、血液の中をバランスよくしてくれ、動脈硬化の予防をしてくれます。

DHAは赤血球とも関係していて、血液をサラサラにしてくれます。赤血球が正常だとやわらかく、形も変わりますが、DHAが不足すると赤血球が固くなって血管内の流れが悪くなり血圧が高まって高血圧になります。

高血圧は脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病の合併症を起こすリスクが高くなるので、DHAのサプリメントなどを補うことで、高血圧の予防や合併症などの予防をしてくれます。

DHAサプリメントはたくさん種類がありますが、選ぶポイントは、DHAとEPAが一緒に入っている物を選んでください。EPAとは血液の粘度を下げる効果が高く血を固まりにくくします。

DHAの配合量をチェックし、DHAとEPAと合わせて400~500mgを選び、酸化防止剤が入っていないものを選びましょう。