GMOコインで仮想通貨を購入してみよう(特徴やメリットについて)

2017年に大フィーバーした仮想通貨。2018年には、取引所から仮想通貨が流出するなど、色々と騒ぎになりましたが未だまだ世界的に注目されている通貨です。

その中でも今回は、GMOコインについて簡単に紹介します。興味のある方は是非チェックして下さい。

GMOコインの特徴について

GMOと聞くとピーンとくる方も多いと思いますが、証券関連で東証一部上場のグループであるGMOインターネットグループに所属する会社が発行している仮想通貨です。

GMOはもともとFxや株式などで人気が有り、もともとノウハウが蓄積されていました。信用性があり現在注目されている仮想通貨販売所のひとつです。

まず気をつけてほしいのが、GMOコインは取引所ではなく、販売所であるというところです。取引所と販売所の違いについては細かくは説明しませんが、多額であっても提示された価格で売買成立するところが人気の販売所となっています。

GMOコインでアルトコインを効率よく購入しよう

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことですが、GMOコインで購入できるアルトコインは、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルとなっています。

この、ビットコインやアルトコインとの関係性について説明するとかなり長くなる為省略しますが、GMOコインでは2018年の5月末にあるとコインのFxをスタートしました。ネットでは、他社の販売所と比較し、スプレッドがかなりやさしいと評判になっています。

また、口座開設を行うことでプレゼントがもらえたりするのでそこも魅力の一つとなっています。

GMOコインの入出金の特徴とは

GMOコインの大きな特徴といっていいのですが、GMOコインでは入出金や取引手数料が無料になります。

大手仮想通貨取引所である、bitFlyerは入金手数料で最低314円、出勤手数料に216円~756円かかります。

Coincheckでも入金手数料に756円、出勤手数料に400円かかり、かなり高いと言うイメージです。
そこと比較すると、かなり良心的なサービスではないでしょうか。

GMOコインで先物取引?

GMOコインでは、仮想通貨Fxというサービスがあります。いわゆる先物取引のようなイメージですが、各コインでレバレッジが5倍、10倍といった設定のもと提供されているサービスです。

リスクはあるものの、少額でも稼げるサービスなので興味がある方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。