そのままにしておいたら治るの?首のイボの真実

若かったころは何も特別なケアをしなくても綺麗な肌でいられたけれど、気がついたらさまざまな肌トラブルに悩まされるようになっていたなんて方、多いのではないでしょうか。

特に年齢を重ねていく上で気になってしまうのが、首などにできた小さなイボ。洋服で隠れる場所にあればまだ良いのですが、人の視界に入る場所だったり、色が茶色だったりするとさらに目立ってしまいますよね。

「いつの間にこんなのができてたの!?」
「これって、おばあちゃん世代によくできるイメージだったのに…」

イボでお困りのみなさんからは、そんな声が聞こえてきます。

この首のイボ、できれば自然に治ってほしいものですが、実際に放っておくとどうなるのでしょうか。

実は首のイボは、古くなった角質が溜まってしまい、うまく排出されないことでできるのです。つまり、イボができやすい方は、もともと肌のサイクルであるターンオーバーが乱れている可能性が高いため、自然に取れることはあまり期待できません。

イボが取れそうだからといって、ちぎってしまうのは皮膚を傷つけたり、色素沈着などを引き起こす原因になりますので、絶対にやらないようにしましょう。

でも、安心してください。そのイボはご自身で治せるのです。首のイボに悩む方は、全国にたくさんいらっしゃいます。そんな方たちのニーズに応えた、イボ専用のアイテムが販売されているのです。

中でも代表的なのが「艶つや習慣」という商品ですが、杏仁エキスなどイボに効果のある成分がたっぷり含まれているので、固かった角質がやわらかくなり快適です。

また、スキンケア用品でもお馴染みのハトムギエキスが入っているので、イボの改善のみならず、失われかけていたお肌の潤いやハリを取り戻すことも充分に期待できます。

価格もリーズナブルなので、家計の負担にならず気軽に続けていくことができます。数か月といったスパンで使いつづけていくことで、より一層の効果を実感できますので、首のイボがコンプレックスという方も是非「艶つや習慣」でイボ解消にチャレンジしてみてください。

【関連】自宅で首イボを治療する方法