ミノキシジルとは!期待できる効果と副作用

ミノキシジルは日本の育毛専用クリニックなどでも処方されている外用薬に含まれている成分です。元々血管拡張剤として開発されていたモノが発毛効果があると育毛剤に使用されるようになりました。

日本以外ではロゲインという商品が販売されていますが日本では取り扱っていません。日本でミノキシジルを配合している育毛剤としては大正製薬から一般用医薬品として1999年からリアップを販売しています。この育毛剤はミノキシジル1%配合されています。

そして2005年からは女性用育毛剤のリアップレディ、2009年からはミノキシジルを5%を配合したリアップX5の販売がスタートしました。

ミノキシジルに期待できる効果

ミノキシジルに期待できる効果は血流が悪化して栄養が不足した状態な毛根に、血管拡張作用により栄養をしっかりと度届けることが出来ます。

その結果健康的な髪の毛が生えてきますし、頭皮の血行を良くすることで抜け毛を予防することが出来ます。あと同じく育毛治療薬のフィナステリドとは薬理作用が違うので併用することが出来ます。

ミノキシジルが発毛を促し、フィナステリドは新しい毛が抜けるのを防いでくれる効果があるので薄毛改善が目指せます。

またフィナステリドといった男性ホルモンに働きかける育毛成分は女性には効果はあまり期待できません。

その訳は女性は男性と比較して男性ホルモンの分泌量が少ないからで、中にはストレスなどにより男性ホルモンの分泌量が増えたことで薄毛になる人もいるのでそんな人には多少効果があると言えます。

それに対してミノキシジルは血行促進作用により髪に栄養を与えることで抜け毛を防ぎ丈夫な髪の毛が生えてくる効果が期待できるので女性にも効果があると言われています。

ミノキシジルの副作用

リアップを発売する前に大正製薬でミノキシジルの副作用に関する臨床検査が行われました。その結果副作用が出る割合は全利用者の10%以下ですが副作用のリスクがあると言えます。

外用薬として頭皮に塗布した場合に最も多く見られる症状は頭皮の痒みと荒れです。他にも頭皮の炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎といった症状が副作用として挙げられます。

そしてミノキシジルが多く含まれている商品程、副作用が発生するリスクも高まります。他にも眠気、倦怠感、頭痛、体重増加、むくみといった症状が出るケースもあるのが現状です。

育毛剤の副作用について