年齢別に考える転職するべきタイミング

転職はすべての社会人にとって共通した大きなテーマです。日本の場合、バブル崩壊によって一生同じ職場環境で働き続けるキャリアは、完全に崩壊しています。

近年では転職経験者は社会人の約半数にのぼっており、大半の労働者が転職を経験するようになってきました。転職することはネガティブな事ではなく、必然的なこととなりつつあるのです。

しかし、中には転職で失敗してしまい、労働環境の悪化や年収ダウンに陥る人もいます。転職による失敗は、転職するタイミングの良し悪しが大きな原因である場合が多いのです。

転職するタイミングを間違えてしまうと取り返しのつかない状況に追い込まれる可能性があります。一方、転職するタイミングを上手く活用できれば、より良い労働環境を手にできるのです。

では、転職するタイミングを見極める上で、重要な着眼点は何なのでしょうか。転職における重要な着眼点として、年齢に応じた転職先の選定をすることが挙げられます。

20代の転職であれば、未経験の仕事であっても幅広く求人があり採用意欲もあります。従って、未経験の仕事に挑戦してみたいと考えている人の場合、20代が転職のタイミングなのです。

30代以降になると、未経験での求人は激減し、採用意欲も低下してしまいます。30代での転職は経験値が求められるため、未経験の仕事ではなく、経験してきた事柄に関するフィールドへの転職が一般的になります。

30代で転職する場合、年収アップを約束された際や管理職採用にて誘われた際等が転職のタイミングなのです。特に、管理職としてのスカウトがあった場合、管理職の経験は40代以降のキャリア形成に大きく貢献するため、転職のタイミングとして適切だと言えます。

40代以降の転職は、管理職としての経験が求められます。勤め先で大きな成果を上げた事が評価されるため、転職エージェント等からのスカウトがあった場合のみ、転職のタイミングとなるのです。

年代別 おすすめ転職サイト